ダジャレも商標登録?ネーミング大賞から学ぶ製品名・サービス名の考え方

日刊工業新聞 HP より(リンク) 

 この記事では、日刊工業新聞社による「2019年度 第30回読者が選ぶネーミング大賞」から、優れたネーミングについて探っていきます。なんと、当該ネーミング大賞を14年連続で受賞している会社があることも分かりました。

2019年度・第30回 読者が選ぶ「ネーミング大賞」と商標登録出願状況

 以下表は、各賞を受賞したネーミングとその商標登録出願の情報を纏めたものです。大賞の「NEW in 1」を始めとして、合計で16の製品・サービスにおいて対応する商標登録出願が確認できました。(全18製品・サービス)

 印象的で覚えやすいネーミングが多いですね。以下、「サービス内容が分かりやすい系ネーミング」「ダジャレ系ネーミング」として、商標情報とともに3件の製品・サービスについて紹介していきます。

サービス内容が分かりやすいネーミング

 2019年度の大賞は、日本生命保険株式会社による「NEW in 1」でした。入院(NEW in)に関する新しい保険である旨が分かりやすく、覚えやすいネーミングですね。

日本生命 HP より(リンク

 「NEW in 1」に関連する商標登録出願は、2件ありました。「NEW in 1」という文字商標と、上記HPにも使われているロゴ商標に関するものです。2件とも特許庁での審査が終わり、権利化されています。

商標登録6214330(J-PlatPatリンク)区分:36類(金融、保険、不動産の取引)

商標登録6214331(J-PlatPatリンク)区分:36類(金融、保険、不動産の取引)

 その他、生活部門第1位には、太陽生命保険株式会社の「スマ保険」が選ばれました。スマホで手軽に申し込みができる印象を与えやすいネーミングですね。

太陽生命 HP より(リンク

 「スマ保険」に関連する商標登録出願は、3件ありました。「スマ保険」だけでなく、社名やその他名前をプラスした内容でも出願しており、いずれも権利化されています。1種類の商標だけ登録するのではなく、社名等も加えて段階的に商標登録を行うことで、手厚く商標権の保護を図っていますね。

商標登録6201054( J-PlatPat リンク)区分:36類(金融、保険、不動産の取引)

商標登録6201055( J-PlatPat リンク)区分:36類(金融、保険、不動産の取引)

商標登録6258938( J-PlatPat リンク)区分:36類(金融、保険、不動産の取引)

 以上、保険関係で2件のネーミング&商標登録例を紹介しました。どちらもサービス内容が需要者にとって分かりやすいネーミングですね。この様なネーミングについて商標登録をしておけば、同様のサービスを手掛ける競合他社は、商標登録された名前にてビジネスを行うことが出来なくなります。例えば、太陽生命以外の会社が「スマホ活用を売りにした保険サービス」を提供する場合に、「スマ保険」という名前は使用できません。よって、スマホ+保険を意味し、且つゴロも良い「スマ保険」というネーミング&商標登録は、太陽生命にとって非常に価値あるものです。

ダジャレ系のネーミング

 次に、ダジャレ系のネーミングについて見ていきましょう。深堀りしてみたいネーミングはいくつかありますが、ビジネス部門第1位の「山もっとジョージ」が異彩を放っています。「山もっとジョージ」は、株式会社筑水キャニコム(以下、キャニコム)が手掛ける、多目的造林機械の製品名です。

 ビジネス部門1位の山もっとジョージは「ユニークで一発で印象に残る」(40代男性)、「ウイットに富む名前なのに由来は真剣」(40代女性)と、キャッチーで印象に残るだけでなく、ユーモアあふれるセンスが支持を集めた。

日刊工業新聞社 HP より(リンク

 株式会社筑水キャニコム HP より(リンク

 「山もっとジョージ」に関する商標登録出願は、文字商標にて1件の出願がありました。本件はまだ特許庁での審査が行われておらず、未権利化の状況です。

 商願2019-145423( J-PlatPat リンク)区分:7類(加工機械)

 非常にユーモア溢れるネーミングですね。濁音が2つもあることで力強さも感じられます。

 ところで、キャニコムにおけるその他製品についてはどの様なネーミングがなされているのでしょうか?以下、商標情報とWeb情報から、キャニコムにおける他の製品名について調べてみました。

キャニコムのネーミング

商標情報:駆動静香・芝耕作

 まずは「出願人:?キャニコム?」にて J-PlatPat で商標を検索したところ、27件ヒットしました。(検索日:2020.7.13)1989.3に出願された「CANYCOM/キャニコム」が最も古い商標出願です。そして上から眺めていくと・・なんと、3件目に「駆動静香」がありました!(商標登録3366990: Toreru 商標検索リンク)こちらの出願日は1995.8.31なので、あの大物歌手さんが「Ice Rain」や「Moon Water」を歌っていた頃ですね。

J-PlatPat 検索結果画面(1-3件目)

 他にもどの様な商標登録出願があるか、もう少し見ていきましょう。

J-PlatPat 検索結果画面(10-12件目)

 11件目には、「芝耕作」がありました!(商標登録5218424:Toreru 商標検索リンク

 こちらはおそらく、「あらゆる女性にモテて、運を最大限味方につけて大きな成果を上げて出世していく大企業のサラリーマン」を意識したネーミングですね。出願日である 2008.9.25 は、当該サラリーマンが社長に就任して間もない頃です。キャニコムは、社長就任のニュースをきっかけとしてネーミングの参考にされたのかもしれませんね。

 なお、その後の2015年には「芝耕作」についてのロゴ商標も出願されていました。こちらには「代表取締役社長」と入っています。

商標登録5855703号:Toreru 商標検索リンク

Web情報:軽井技夫人・ピンクレディ 

 キャニコムのHPを見てみると、他にもユニークな名前の製品が並んでいました。例えば電動式草刈機「軽井技夫人」、小型クローラ運搬車「ピンクレディ」など。それらネーミングに込められた想いや開発ストーリーについては、キャニコムのネーミング物語(HP リンク)をご覧ください。

14年連続受賞

 以下表は、日刊工業新聞社「ネーミング大賞」のキャニコム社受賞歴を纏めたものです。

 2007年の初受賞から、なんと14年連続でネーミング大賞を受賞していました。「伝導よしみ」で風穴を開け、商標登録出願も行っている2009年の「芝耕作」にて一気にスターダムにのし上がりましたね。会社 HP「受賞歴」(HP リンク)にネーミング大賞について毎年記載があることからも、ネーミングへの本気度・注力度がうかがえます。

まとめ

 以上、「2019年度 第30回読者が選ぶネーミング大賞」をきっかけとして、覚えやすいネーミング・ユニークなネーミングについて紹介しました。ポイントは以下の通りです。

 ・ネーミング大賞に選ばれるネーミングは、サービス内容が需要者に伝わりやすいもの。(「NEW in 1」「スマ保険」「ダントツ撥水」等)

 ・商標登録を行うことで、需要者に伝わりやすい優れたネーミングについて権利保護することが可能。

 ・キャニコムは、ユーモアを付与することで、一度聞いただけでも覚えやすいネーミングを採用。(「ネーミング大賞」を14年連続受賞中)

 自社製品・自社サービスについて顧客に認知してもらうためには、ネーミングは非常に重要です。商標登録の可能性についても合わせて検討し、良いネーミングにてビジネスを進めていきたいものですね。

 商標登録の必要性やメリットについては以下記事もご参照ください。

所感

 ところで、消費者にとって覚えやすい名前を製品名/サービス名とすることが重要であるとは思いますが、中には「Google」の様に、意味がよく分からない名前でも世界を席巻している企業/サービスもあります。ビジネス分野や消費者へ提供する価値の種類に応じて、ネーミングを考えることが大事そうですね。

 以下の観点で考えることで、ネーミングの方向性を定めることが出来るのではないでしょうか。

 (1)ビジネス分野

 ・B to C の場合(例:お菓子)
  覚えやすさ・伝わりやすさが重要。もし「ポッキー」の製品名が、コードネームの様な「PO1111」だったら、売り上げが減るのではないか?

 ・B to B の場合(例:工場で用いられる検査装置 等)
  B to C の場合と比べて、名前の覚えやすさ・伝わりやすさは重要ではない。機能や提供価値を示すような安心感のあるネーミングが好まれるのではないか?

 ・B to B to C の場合(例:ゴアテックス)
  目先の顧客は B であるものの、「顧客の顧客」が C である場合は、名前の覚えやすさ・伝わりやすさも重要となる。最終製品を構成する部材の一部に関して価値を感じて最終製品を購入する場合もあるのではないか?

 ・B to B to B・・・to C の場合(例:化学品)
  最終顧客が C であるとしても、川上の B to B から距離が遠い場合は、名前の覚えやすさ・伝わりやすさは比較的重要ではない。例えば樹脂等の化学品に関しては技術的スペック・コスト が最重要であるため、名前が売り上げに影響する場合は少ない。

 (2)提供する価値

 ・技術を売りにした機能的価値が重要である場合(例:化学産業)
  上述の通り、樹脂等の素材に関しては 技術的スペック・コスト が重要であるため、名前が売り上げに影響する場合は少ない。

 ・情緒的な価値である感性価値/意味的価値が重要である場合(例:サービス業)
  感性価値/意味的価値に影響を及ぼすので、名前も重要となる。例えば、上質のおもてなしに加え美味しい高級鰤を提供するお店(店主:五木さん)の名前が「おいしいゴキ鰤屋」だったら、売り上げに影響があるのではないか。

以上

商標を、武器にしよう。

 

「商標を、安心、カンタンに、もっと活用してもらいたい」

特許業務法人 Toreru では、これまで10,000社以上の企業・大学様の商標登録をサポートしてきました。

我々は、IT技術をフル活用することで、これまでの特許・商標事務所で課題だったペーパーワークの手間を排し、商標調査・出願といった専門業務について弁理士のプロフェッショナル性を100%発揮できる体制を整え、日々改善しています。

低価格・スピーディはもちろん、年間出願代理件数業界第1位の経験豊富な弁理士チームが専門業務のみに集中できる体制を整えることで、これまで難しかった「速い・カンタン・専門性」の両立を実現しました。

商標出願~登録の流れを全てウェブで管理でき、登録後もお客様がいつでもステータスを確認できるクラウドシステムも非常に好評です。

商標が登録できるかどうかの調査は現在無料ですので、是非一度トライアルください!

>もっと詳しく  >無料調査を試す

ブランディングの最新記事8件