“デザイン経営“企業の商標出願動向 -株式会社スノーピーク-

はじめに

 前回の記事では、「デザイン経営企業」として、平成31年度知財功労賞を受賞した株式会社良品計画における商標出願の動向について紹介しました。

 Toreru Media / “デザイン経営”企業の商標出願動向 -株式会社良品計画-(2020.5.19)

 今回は、同じく「デザイン経営企業」として平成31年度知財功労賞を受賞したもう1社、株式会社スノーピーク(以下、スノーピーク)における商標出願についてご紹介します。なお、本記事における「デザイン」とは、上記記事と同様に「創造的設計」という意味で使用しています。

スノーピークとは

 スノーピークは1958年に創業され、「人間性の回復」を使命として掲げ、新潟県三条市に本社を構えてアウトドア用品の開発や地方創生コンサルティングを手掛ける会社です。
 有価証券報告書の記載においても、そのビジョンが溢れ出ています。

『現代社会はテクノロジーが進化するにつれ、特に都心部で生活する人は利便性と引き換えに大きなストレスにさらされ人間性が失われています。こうしたなか、当社グループは、「自然と人をつなぐ、そして人と人をつなぐことで、人間性の回復を目指す」ことを社会的使命とし、野遊びを通じた人生価値の提供を実現するため、幅広い事業活動を展開しております。』

2020.3.30 有価証券報告書ー第56期 より)

 また、代表取締役会長の山井太さんは、2015年末の日経ビジネス「時代を創る100人」特集において、アリババグループ創設者の馬雲(Jack Ma)氏と並び「明日を創る人」として選ばれています。そして2019年度においてはグッドデザイン賞 BEST100 を2つも受賞されていることからも、優れたデザインを行っている会社であるといえます。

 スノーピークが長年培ってきた圧倒的なブランド力・開発力は海外からも注目され、米 Apple 社の企画開発セクションの人材5名が新潟まで見学に訪れたこともあるそうです。

 では、「人間性の回復」をビジョンとして掲げて世界に注目される企業であるスノーピークから、どの様な商標の出願がなされているかを見ていきましょう。

商標出願

出願動向

 図1は、スノーピークから商標出願された件数の推移を示すグラフです。

図1:スノーピークにおける商標出願件数の推移

 図1においては、便宜上、指定された区分数を出願数としてカウントしています。つまり、1件の商標出願に2つの区分が指定されている場合は、「2件の出願」として扱っています。なお、「区分」とは、製品やサービスのカテゴリを示すもので、1~45の合計45分類あります。一出願一区分の場合もあれば、一出願多区分の場合もあります。

 1995年に35件もの商標が一気に出願された後、2004年までは年間0件~数件の出願に留まっています。そして2011年以降は出願件数が増加傾向にあり、手厚く権利保護を図っていることがわかります。同社HPによれば、1996年に、現会長である山井太さんが代表取締役社長に就任され、同時に「株式会社スノーピーク」へと社名変更を行ったようです。その背景も影響し、前年の1995年には35件もの商標出願がなされたのかもしれません。

 そして2008年には38件の出願がありました。これは38種類の新たな名前やロゴが出願されたわけではなく、以下2件について合計32個の区分が指定されています。「雪峰/SEPPO」は社名である「スノーピーク」の日本語訳であるため、同社が手掛けているあらゆる製品・サービスに関する区分にて手厚く権利保護を行っているものと推測できます。

 ・商標登録第5244756号:「雪峰」(Toreru 商標検索リンク
  区分:4,6,8,11,14,16,18,20,21,22,24,25,27,28,41,43類
 ・商標登録第5248556号:「SEPPO」(Toreru 商標検索リンク
  区分:4,6,8,11,14,16,18,20,21,22,24,25,27,28,41,43類

 ところで近年においては、「アウトドアで日本酒を楽しむ」というコンセプトのもと、スノーピークと朝日酒造が協働して「久保田 雪峰」を開発しています。(2018年グッドデザインBEST100にも選定)
 しかし、日本酒に対応する商標の区分は33類(ビールを除くアルコール飲料)であるため、上記2008年出願の商標では適切に権利保護できておりません。そこで、販売を開始した2017年付近の出願を眺めてみると・・・

 ・商標登録5977293号:「雪峰」区分:32,33類(Toreru 商標検索リンク
 ・商標登録5977294号:「SEPPOU」区分:32,33類(Toreru 商標検索リンク

 33類を指定して、「雪峰/SEPPOU」について新たな商標が2016年に出願されていました。日本酒の33類だけでなく、32類(アルコールを含有しない飲料、ビール)についても指定されているため、水やビール等の他の飲料について今後開発する場合も安心です。

 なお、同社から初めて出願&登録された「Snow Peak」という商標は1962年に出願されています。(商標登録第626721号)

「商標登録第626721号:Toreru 商標検索リンク」

普通名称を活用した商標登録

 次に、スノーピークのアウトドア用品に関連する商標出願案件をご紹介します。例えばアウトドア用のランプとして、「さくらんぼ」という商標が登録されています。HP によれば、 LED 部分とマグネット部分が連結され、さくらんぼの形に似ていることから命名したとのことです。(スノーピークHP

 ・商標登録第5574214号:「さくらんぼ」11類(Toreru 商標検索リンク

 ここで、『ファッ!?「さくらんぼ」なんていう一般的な名前でも商標が取れるのけ?』と感じる方もいらっしゃるかもしれません。はい、取れます。ただし、それは出願する分野が「さくらんぼ」とは関係の無い場合に限ります。本件においては、さくらんぼの上位概念である「果物」や「食品」とは異なる11類(照明用、加熱用などの装置)を指定して出願しているため、商標として登録に至っています。

 他にも、焚火関係では25類(被服)を指定した以下の商標が登録されています。

 ・商標登録第6183549号:「TAKIBI」25類(Toreru 商標検索リンク
 ・商標登録第6183550号:「タキビ」25類(Toreru 商標検索リンク

 一方、上記スノーピークの商標出願よりも前に、別の出願人からも以下「たきび」の商標登録出願がありましたが、こちらは出願分野が43類(飲食物の提供 等)です。故に、異なる分野である25類(被服)を指定したスノーピークの上記出願は問題無く商標登録されています。

 ・商標登録第5037813号:「たきび」43類(Toreru 商標検索リンク

コーポレートスローガン

 スノーピークのスローガンとして「野遊び/NOASOBI」というキーワードがあり、代表取締役会長のメッセージにおいても発信されています。(スノーピークHP
 製品やサービスの名称では無いものの、会社のビジョンを示す重要なワードであるため、こちらもきちんと商標登録されています。

 ・商標登録第5699728号:「人生に、野遊びを。」(Toreru 商標検索リンク
  区分:4,11,16,18,20,21,22,25,43類
 ・商標登録第5699729号:「野遊び」(Toreru 商標検索リンク
  区分:4,11,16,18,20,21,22,43類
 ・商標登録第5700561号:「NOASOBI」(Toreru 商標検索リンク
  区分:4,11,16,18,20,21,22,25,43類

まとめ

 以上、”デザイン経営”を推進する企業の代表として、平成31年度知財功労賞 デザイン経営企業(特許庁長官賞)を受賞した株式会社スノーピークの商標出願動向についてご紹介しました。ポイントは以下のとおりです。

 ・一般的な名称でも、使用する分野によっては商標権が取れる(例:さくらんぼ)

 ・新規ビジネスに対応する区分で、忘れずに商標を出願する(例:日本酒×雪峰)

 ・会社のビジョンに関連するキーワードについても商標権を取る(例:野遊び)

 「さくらんぼ」の事例の様に、使用する分野が異なる場合においては、一般的な名称でも商標権が取得できる可能性があります。そして「TAKIBI/タキビ」の事例の様に、既に他社によって商標登録がされている名称であっても、使用する分野が異なる場合は、商標権が取得できる可能性があります。

 つまり、製品やサービスの名称を決めて商標登録を行うにあたり、
 「名前が一般的すぎるから商標権の取得は諦めよう・・」
 「既に同じ商標が他社に取得されているから、別の名前に変えよう・・ 」
と判断してしまうのは非常に勿体無いです。その製品やサービスが生まれた背景、醸し出す雰囲気、唯一無二のストーリー、デザインした方の想い・・それら全てが盛り込まれることで決まった名称については非常に価値がありますので、是非商標登録の可能性を探ってください

 商標権の保護をより適切に行って”デザイン経営”を進めるにあたり、本記事が少しでも参考になりましたら幸いです。

備考

(商標検索)
検索日:2020.5.2
検索DB:J-PlatPat
検索内容:「?スノーピーク?」(出願人/権利者/名義人)
検索結果:国内257件(出願全件)
(参考情報)
知財活用企業紹介 株式会社スノーピーク(広報誌「とっきょ」2020年3月9日発行号)
https://www.jpo.go.jp/news/koho/kohoshi/vol45/06_page1.html
モノづくりの理念(スノーピーク HP )
https://www.snowpeak.co.jp/sp-product/01sp-product.html

以上