知財を身近にするメディア

もっと楽しく、わかりやすく、使いやすく、そして強みに。
知財をどんどん身近にしていくメディアです。

インナー “からの” ブランディングを実践したら、幸せと売上が両立した話

「何のために仕事をしているんだろう?」「何のためにお金を稼いでいるんだろう?」「何のために生きているんだろう?」 嵐のように過ぎ去っていく毎日の中で、ふと考えることがある。筆者もその一人だ。 そんなことをいちいち考えていても仕方ない。そう思いながらも、やるべきことに追われて余裕を失っているとき、つまずいたとき、疲れてしまったとき・・・ちょっとしたきっかけで、どうしても考えてしまう。 きっとそれだけ...

そして登録へ…ドラクエに学ぶ、ゲームタイトルの商標戦略 ~ファミコン時代からスマホアプリまで~

巨大産業であり、ライバルの競争も激しいゲーム業界ですが、意外に「ゲームビジネスで、どこまで商標出願をすべきか」という定説はありません。 その背景には、ハードウェアの進化とともに、ゲームのビジネスモデル自体が変化し続けたことがありますし、『ゲームソフトのタイトルは、著作物の題号なので他人の商標権の侵害にならないのでは?』という昔からの議論もあります。 ただ、巨大化し続けるゲーム産業、2019年には過...

素材ビジネスをデザイン?成分ブランディング事例を三井化学に聞く

素材ビジネスをデザインするって、何だろう?普段はあまり目立たない存在である化学会社がブランディングに力を入れる意義はあるのだろうか?成分ブランディングとは一体・・? 本記事では上記疑問に対する解を探るべく、三井化学の活動である「そざいの魅力ラボ(MOLp®)」の事例を紹介します。 100年以上の歴史がある三井化学は、社会を支える素材メーカーとして BtoB ビジネスを進めていく中で、素材の価値や魅...

コピーバンドを始める前に!絶対押さえておきたい著作権&商標権のツボ

こんにちは。ドラマー弁理士のMIと申します。 ドラムは趣味ではありますが、年甲斐(40歳手前)もなく、RADWIMPSやBLUE ENCOUNT、ONE OK ROCKとかの割と激しい曲をやってます。年に1,2回、小さいライブハウスを借りて、友達呼んでライブもやります。最近は、コロナ禍で集まれず辛いですが、在宅で練習は捗っています。 コロナ禍を機に楽器を始めたという方もいらっしゃるのではないでしょ...

ぼくドラえもんです!特許発明によって実現可能な傑作ひみつ道具3選

知財ライターの Uchida です。本記事では、実現可能と思われるドラえもんのひみつ道具について、特許情報とともに紹介します。3つ目のひみつ道具は、ドラえもんのコミック全45巻&大長編を通じて、ほんの一コマだけ登場するものです。私が好きな漫画は「こち亀」だけではありません(こち亀関連記事)。それを証明すべく本記事を執筆しました。 ここで、突然のクイズです。以下クイズの答えはご存知でしょうか? ① ...

商標登録は英語とカタカナ両方でしないといけないの?見極めポイントはこれ!

 商標登録をするとき、その商標が英語(アルファベット)だと、英語表記で商標登録するのか、それともその読みを表すカタカナで商標登録するのか、迷ってしまうことはありませんか? 実際、商標登録の相談を受けていると、そういったお悩みを聞くことも少なくありません。  どのような形で商標登録をするかは、取れる権利の範囲や、かかる費用にダイレクトに影響します。また、常に同じやり方が良いかというと、商標の内容や事...

リアルな地方の弁理士とは? ~ぶっちゃけ食えるか聞いてみた(松本 文彦先生)あしたの知財 Vol.07

知財の仕事場といえば、首都圏。そんな定説があります。 弁理士会の会員分布状況をみても、弁理士総数 約11,600人のうち、東京・神奈川・大阪・愛知の「3大都市圏」を主たる事務所とする弁理士が約9,400人。実に8割を超えています。 主たる事務所の都道府県別データをみても、鹿児島県 9名、山形県 4名、島根県 3名などなど、弁理士がほぼいない県がたくさんあります。 企業の本社オフィスが3大都市圏に集...

ダジャレやオノマトペも商標登録?小林製薬から学ぶ商品ネーミング術

小林製薬の商品名はとても覚えやすいものが多いですよね。小林製薬のネーミングの特徴は、商品名の一部に擬音語や擬態語(いわゆるオノマトペ)を使っていることです。 小林製薬 HP より 小林製薬は自社商品名に用いる「オノマトペ」をしっかりと商標登録し、自社の「ネーミング戦略」を固めています。 <小林製薬のオノマトペ商標> 擬音語:物音や鳴き声を人間の声で表したもの。例:ドボン(第3089417号)、シュ...

Toreru Media が目指すもの2021 ~今年はブランド、掘り下げます!

「知財を身近にするメディア」をキャッチフレーズに、2020年5月よりスタートした本 Toreru Media 。おかげさまで多くの方々に読んでいただき、1万PVを超える記事も誕生しました。改めて御礼申し上げます。 そこで今回は、2021年1発目の記事として、「今年取り組むテーマ」のマニュフェストを編集部からしたいと思います! ・・・いわば自身を追い詰めていくスタイルですが、新年は気が大きくなるもの...

【弁理士が選ぶ10冊】 知財「推し」本発掘隊 2021 結果発表! (Toreru Media× 知財実務オンラインコラボ企画)

知財の世界って、本当にメッチャ本が出てますよね。 パテントサロンで紹介されている2020年の「最近の新刊」に載っている分だけでも100冊以上。古典的な名著や、海外書籍まで入れていくと何千冊、いや、何万冊・・・。とても個人で把握しきれる量ではありません。 ただ、最近はYoutubeや、ウェブメディアでもお手軽に知識を得ることができるようになり、知財本の出版も苦戦続きと聞きます。 ・・では、知財本の役...

CATEGORY カテゴリ最新記事