ベストライセンス社&上田育弘氏の商標出願を本気の本気で分析してみた

こんにちは。弁理士の宮崎です。 この記事では、商標大量出願で知られているベストライセンス社とその創業者の上田育弘氏のついて解説していきます。 特に、商標登録をしたい時に、ベストライセンス社の出願が障害になって、出願を控えることがあると思いますので、その対策を説明します。 また、そもそもベストライセンス社は何故、このような行動を取っているのかを分析しました。 ベストライセンス社とは? 引用:ベストラ...

バトル展開がないと出願されない? 歴代ジャンプ漫画の商標登録を調べてみた ACT2

「ジャンプ漫画って商標登録出願されてるの?」 そんな疑問から始まった前回の記事の分析では、ジャンプ漫画の商標登録出願とジャンプ編集部の「期待度」との間に相関が見られました。 そうすると、この相関関係を使ってもっと深堀りしたくなるのがジャンプファンの性。 ・ワンピースみたいなアクション漫画とボーボボみたいなギャグ漫画では、編集部の期待度は違うのか? ・バトル展開があると期待度は上がるのか? ・シリア...

おもしろ商標をご紹介!え、アレも登録されていたの?

10/1-10/6 は Toreru Week!  ということで、日頃から登録商標について検索している私からは、厳選した「おもしろ商標」を紹介します。該当する商品を食べながら登録商標を感じたり、「これも商標として登録されてるんだぜ?」と、周りにいる誰かにお話してみてください。 日本一長い音商標  1件目は「日本一長い音商標」です。音商標とは、平成27年4月1日から出願受付が開始された、「新しいタイ...

Toreru商標検索で宝探し!? 検索ヒット106件にチャレンジしてみた

皆さんは、商標を検索したことがあるでしょうか? 知財関係の仕事をしている人なら、もちろん「ある」でしょうが、それ以外の人は、まずないはず。 新しいApple WatchのCMを見て、「欲しいなー」と思う人はたくさんいても、「Apple Watchの商標って、ちゃんと登録できてるのかな?」とか考える人はすでに知財マニア、まあ業界人だけですよね。 そんな地味~な商標検索ですが、1年に1回ぐらいスポット...

特許庁の審査官はこち亀好き?-こち亀アイデア関連の特許出願紹介 Vo.3-

 本記事では、筆者が大好きな漫画である「こちら葛飾区亀有公園前派出所(以下、こち亀)」に登場するアイデア関連の特許出願を紹介します。Vo.1、Vo.2 では、「こち亀のコミック発売後に出願された、似たアイデアに関する特許出願 or 実用新案出願」を紹介しました。  今回は少し視点を変えて、「特許出願に関する特許庁の審査において、実際にこち亀が参照された事例」を3つ紹介します。審査においては、多くの...

あしたの知財 vol.03 リモートワークで激変!?『知財部という仕事』のお悩み、解決します!(友利昴さん)

企業の知財部は、いったいどんな仕事をしているのでしょうか。 一般的には、社内の研究開発や事業から生まれたさまざまな知的財産の権利化をし、第三者とのトラブルを回避すべく知財調査を行い、さらに知財係争にも対応する、知財の専門部隊とされています。 ただ、知財部が『プロフェッショナル部門』として社内外で活動するには、必ず突き当たる壁があります。それはコミュニケーションです。 「法律とか何だか難しそう・・」...

ゆるキャラ大集合!手広く商標権を取得しているのは、あのゆるキャラ!!

ゆるキャラグランプリ2020 HP より(リンク)  本記事では、「ゆるいマスコットキャラクター(以下、ゆるキャラ)」に関する商標情報や、気になる「ゆるキャラ」を紹介していきます。地方創生を期待して多くの「ゆるキャラ」が誕生していますが、商標登録の実態はどうなっているでしょうか。  その「ゆるさ」に癒されながら、以下の観点でせっせと調べてみました。 ・人気のある「ゆるキャラ」程、商標登録の区分数が...

なぜ『岩下の新生姜』は、類似品にブチ切れたのか? ~お取り寄せ商標ブランド徹底調査(2)

「模倣品は、有名税」、そんな言葉があります。 売れない商品を真似する人などおらず、模倣品が出るのはある意味、ステータス。 ユーザーは本物が分かるから、どーんと構えていれば模倣品は消滅する。対策してもどうせいたちごっこだし、相手にするだけ無駄・・・そんな気持ちが込められているのでしょう。 一方で、模倣に対して断固たる姿勢で臨む経営者もあります。 本田宗一郎は、社内報で「たった3台でも特許侵害は許さな...

商標登録の審査の期間は?【2020年最新版】

 商標登録をするためには、特許庁に出願して「審査」を受けなければなりません。では、この「審査」にはどのくらい時間がかかるのでしょうか? 商標権を獲得できるタイミングは「審査」に合格して正式に商標登録された後なので、商標登録の審査期間の長さは、ビジネスを進める上でとても気になりますよね。  そこでこの記事では、商標登録の審査の期間はどのくらいなのか、わかりやすく解説します! ポイント: 商標登録の審...

ダジャレも商標登録?ネーミング大賞から学ぶ製品名・サービス名の考え方

日刊工業新聞 HP より(リンク)   この記事では、日刊工業新聞社による「2019年度 第30回読者が選ぶネーミング大賞」から、優れたネーミングについて探っていきます。なんと、当該ネーミング大賞を14年連続で受賞している会社があることも分かりました。 2019年度・第30回 読者が選ぶ「ネーミング大賞」と商標登録出願状況  以下表は、各賞を受賞したネーミングとその商標登録出願の情報を纏めたもので...