CATEGORY

特許

デザイン思考の活動に知財専門家を呼ぶべき3つの理由

この記事では、筆者の企業知財部時代の実体験に基づいて、デザイン思考の活動に知財専門家(弁理士、知財部員、特許技術者、特許サーチャー)が携わるべき理由について述べていきます。デザイン思考という切り口で記載していますが、特にこれに限ることはなく、技術が関わるあらゆるビジネスの開発時に検討すべき内容です。知財関係者のみならず、技術を通じて顧客への価値提供を図る全ての方に参考としていただきたく、書いてみま...