TAG

おもしろ知財ネタ

モガンボ両津・麗子…普通名称化した商標をこち亀キャラから教わる

こち亀記事として初めて「商標」を取り上げます。こち亀は40年の歴史の中で様々なお話が描かれ、その内容は実に多岐にわたるもの。誰もが関わる日常の出来事からフィギュア玩具といったマニアックなネタまで網羅されており、現実世界で登録されている「商標」も多く登場します。そう、こち亀から学べるのは特許だけではないのです。(関連記事:こち亀は時代を先取りする?-こち亀アイデア関連の特許出願紹介 Vo.1-) そ...

お笑いから見るブランディングと知財 ~パクリ防止に知財は必要?~

ブランディングの意味は人によって捉え方が様々であるが、他と区別できる“特徴”が必須の要素である事は間違いないであろう。そして、その特徴を維持するには、何らかの手段で模倣を防ぐ必要がある。 模倣を防ぐためには一般に知的財産が考えられるが、業界によって知的財産の捉え方は異なる。この記事では、これまであまり語られる事のなかった「お笑い」(いわゆる芸人によるものを意図する。以下同じ。)業界におけるブランデ...

そして登録へ…ドラクエに学ぶ、ゲームタイトルの商標戦略 ~ファミコン時代からスマホアプリまで~

巨大産業であり、ライバルの競争も激しいゲーム業界ですが、意外に「ゲームビジネスで、どこまで商標出願をすべきか」という定説はありません。 その背景には、ハードウェアの進化とともに、ゲームのビジネスモデル自体が変化し続けたことがありますし、『ゲームソフトのタイトルは、著作物の題号なので他人の商標権の侵害にならないのでは?』という昔からの議論もあります。 ただ、巨大化し続けるゲーム産業、2019年には過...

コピーバンドを始める前に!絶対押さえておきたい著作権&商標権のツボ

こんにちは。ドラマー弁理士のMIと申します。 ドラムは趣味ではありますが、年甲斐(40歳手前)もなく、RADWIMPSやBLUE ENCOUNT、ONE OK ROCKとかの割と激しい曲をやってます。年に1,2回、小さいライブハウスを借りて、友達呼んでライブもやります。最近は、コロナ禍で集まれず辛いですが、在宅で練習は捗っています。 コロナ禍を機に楽器を始めたという方もいらっしゃるのではないでしょ...

ぼくドラえもんです!特許発明によって実現可能な傑作ひみつ道具3選

知財ライターの Uchida です。本記事では、実現可能と思われるドラえもんのひみつ道具について、特許情報とともに紹介します。3つ目のひみつ道具は、ドラえもんのコミック全45巻&大長編を通じて、ほんの一コマだけ登場するものです。私が好きな漫画は「こち亀」だけではありません(こち亀関連記事)。それを証明すべく本記事を執筆しました。 ここで、突然のクイズです。以下クイズの答えはご存知でしょうか? ① ...

審査官はどうしてもこち亀を参照したかった? -こち亀アイデア関連の特許出願紹介 Vo.4-

本記事では、筆者が大好きな漫画である「こちら葛飾区亀有公園前派出所(以下、こち亀)」に登場するアイデア関連の特許出願を紹介します。Vo.1、Vo.2 では、「こち亀のコミック発売後に出願された、似たアイデアに関する特許出願 or 実用新案出願」を紹介しました。そして前回の Vo.3 では、「特許出願に関する特許庁の審査において、実際にこち亀が参照された事例」を3件紹介しました。 今回は、前回に引き...

特許庁の審査官はこち亀好き?-こち亀アイデア関連の特許出願紹介 Vo.3-

1.はじめに:特許発明の審査に漫画を活用 本記事では、筆者が大好きな漫画である「こちら葛飾区亀有公園前派出所(以下、こち亀)」に登場するアイデア関連の特許出願を紹介します。Vo.1、Vo.2 では、「こち亀のコミック発売後に出願された、似たアイデアに関する特許出願 or 実用新案出願」を紹介しました。 今回は少し視点を変えて、「特許出願に関する特許庁の審査において、実際にこち亀が参照された事例」を...

ジャンプ編集部の「連載期待度」も丸わかり!?歴代ジャンプ漫画の商標登録を調べてみた

日本一の漫画雑誌といえば、やはり「週刊少年ジャンプ」です。 1990年代の発行部数650万部突破は、まさに怪物。「ジャンプ」は、少年時代も、青年時代も、そして大人と呼ばれる歳になっても、「面白さ」絶対主義で我々にパワーを与えてくれています。 先日『鬼滅の刃』の衣装の模様が商標出願されたと話題になっているのを見て、ふとした疑問が浮かびました。「そもそも数あるジャンプ漫画のタイトルって、どのくらい商標...

こち亀は時代を先取りする?-こち亀アイデア関連の特許出願紹介 Vo.2-

本記事では、筆者が大好きな漫画である「こちら葛飾区亀有公園前派出所(以下、こち亀)」に登場するアイデア関連の特許出願・実用新案出願を紹介します。前回の Vo.1 では、ロボット掃除機、木製パソコン、エアバッグ付きランドセルにつき紹介しました。 本記事では、ゴルフに関する2件の事例について紹介します。いずれも特許や実用新案の出願日より前にコミックが発売されており、秋本先生の先見性を垣間見ることができ...

こち亀は時代を先取りする?-こち亀アイデア関連の特許出願紹介 Vo.1-

1.はじめに:ビジネスパーソン必見の漫画である この記事では、筆者が大好きな漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(以下、こち亀)」に登場するアイデアに関連する、実際の特許出願案件を紹介します。 世の中のトレンドに対してギャグ要素を盛り込み、面白おかしくデザインするその秋本先生の能力・熱意には脱帽するしかありません。主人公である両さんを見ていると、お金が無くともその人柄による信頼・評判によって何でも実...