ベースフード株式会社様 一ノ瀬 真様 株式会社キュービック様 日清オイリオグループ株式会社様 OLTA株式会社様
Toreru を選んだ理由とは?
日清オイリオグループ株式会社 様
Toreru を利用していただきました「日清オイリオグループ株式会社」の知的財産部の方にお話をお伺いしました。

日清オイリオグループ株式会社 様について

Nisshin oillio logo
「日清オイリオグループ株式会社」様は、主に植物原料を使用した「食用油」及びドレッシングなどの「調味料」を製造している食品会社です。東京都に本社を置き、1907年に日清製油が創業したことからも、長い歴史を持ち消費者の方々から愛され続けています。
代表的な商品には食用油には「日清サラダ油」「日清キャノーラ油」「ヘルシーリセッタ」「BOSCO」などがあり、ドレッシングには「日清ドレッシングダイエット」などがあります。近年には、美容サポート食品やサプリメントとして、「MCTチャージパウダー」や「中鎖脂肪酸 メモリオン」なども販売しております。
Nisshin oillio product 400×300
扱っている商品数は非常に多く、関連する特許や商標の出願・管理など知的財産部門の業務は、重要かつ量が多いことが特徴です。現在でも、各事業部門及び商品戦略部門は知的財産部門と連携して、技術・商品開発を進めています。
また、国内だけでなくマレーシアやスペインにも研究開発の拠点を置き、BtoB向けでグローバルでの販売を進めているため、今後はグローバルな分野での特許や商標の扱いが重要になってくるでしょう。

商標調査をするとき、なぜ Toreru を選んだのでしょうか?

背景は効率が良い外注先を探していた
日清オイリオ様: 今まで特許や商標の検索・調査を行うときは、基本的に自社で賄っていました。例えば、特許情報検索サービスである「J-Plat Pat」や商用のデータベースを使い、検索をしていましたが、検索式を立てて精度が高い調査を行うのに時間がかかっていました。
特に業務量が多くなると、調査業務全体に時間がかかります。また、調査結果を確認するのにも、更に時間はかかってきます。
商標調査業務の簡便化したいこと、調査結果の精度を上げること、大きくこの2点のニーズにより、以前から効率が良い外注先を探していたことが Toreru を利用する大きなきっかけになっています。
とにかく対応が早い
日清オイリオ様: Toreru のいいところは、「対応の速さ」です。
もし自社で調査をする場合、効果的な調査を行うための検索式を立てる時間が必要です。多くの特許事務所に依頼すると、少なくとも3日前後の時間はかかります。 Toreru を利用すれば、調査内容にもよりますが、2日程で結果が分かります。
商標関連の業務を円滑に回すためには、調査の速さだけでなく、調査のクオリティが求められます。外注先を決めるときは、スピードとクオリティの2点が価格とバランスが取れているかがポイントになります。Toreru は他のサービスと比較してもダントツに良かったです。
専用のプログラム・システムを組んでいることで、社内で調査するときと同等、それ以上の情報量を得られるだけでなく、調査のクオリティについても担保できる内容のため、調査内容の検証を円滑に進められることも利用している上での大きなポイントです。
特許・商標関連の知的財産を管理する業務には、1日(24時間)で返事・回答が欲しいときがあります。別の部署(営業など)から急な依頼が来ることが多いからです。
今後 Toreru に、『特急調査』など、スピードを追求して1日で結果が出るサービスがあれば、オプション料金がかかったとしても是非使ってみたいですね。
業務プロセスを大幅に変更する必要がない
日清オイリオ様: Toreru は導入しやすく、長期的なスパンでの利用もしやすいですね。
自社で調査する以上のアウトプットがある
日清オイリオ様: Toreru は1件の調査に対して20件~30件の根拠を提出してくれ、懸案となる商標などコメントを頂けるので、社内で調査するよりも広く精密な結果が得られるところがいいです。あと、過去に利用したときよりも、バージョンアップされ、スピードやクオリティが上がっていて使いやすかったですね。

日清オイリオグループ株式会社様の今後の展望

グローバル分野に力を入れていく
日清オイリオ様: 日清オイリオグループには海外の拠点がいくつもあります。今年からはグローバル化・海外拠点の知的財産分野を整備していく方針です。

特に力を入れていく予定なのがマレーシアにある子会社の案件対応と本社でのグローバル体制の構築。

今まで知的財産部門がなかったマレーシアの拠点では、出願手続きなどの事務手続きは現地の代理人に任せる予定であり、知的財産をどのように管理・活用するか戦略を考え、行動を進めていくことが、グループにおける知的財産部としての役割と認識しています。

特許と異なり、商標については、各国の登録・公開情報などを共有化するインフラ整備が不十分で、簡単な調査1つにしても非効率な状態です。効果的・効率的な業務の進め方を見つけ出していく上で、試行錯誤している途中です。
Toreru で課題解決の見通しが立つ
日清オイリオ様: 今でも商標の調査・表示確認などの業務は、一時的にオーバーワークになることがありました。そこで、Toreru を使うことで各業務が滞りなく回せる見通しが立ったことが大きいです。

Toreru であれば今までのプロセスの中に組み込むことができ、国内外の課題解決に役立つと期待してます。今後は納期の目安を教えてもらえたりしてもらえると業務を円滑に進められるので、ぜひお願いしたいです。

まとめ

今回は日清オイリオグループ様に Toreru を選んでいただいた理由や、使ってみた感想を伺いました。
商標調査のスピードや調査内容のクオリティを評価していただいているのが大きなポイントといえるでしょう。今後はより多くのお客様に満足していただけるように、スピードアップや根拠の提示といった品質の向上を目指していければと思います。
日清オイリオグループ株式会社 様 情報
会社名: 日清オイリオグループ株式会社
代表取締役社⻑: 久野 貴久
事業内容: 「油脂・油糧および加工食品事業」「加工油脂事業」「ファインケミカル事業」等